NEWS

MACO新曲「3月9日」本日配信スタート & MVショートバージョン公開!
UPDATE:2020.03.06
maco_2020_39_cover
AbemaTVドラマ『僕だけが17歳の世界で』挿入歌「3月9日」が本日配信リリースされました!

今回のカバーは、AbemaTVオリジナルドラマ「僕だけが17歳の世界で」のプロデューサーの藤野良太氏から依頼を受け、
卒業ソングの代表とも言えるレミオロメンの名曲「3月9日」をMACOが初めてカバーした楽曲となっており、
アレンジには数々の人気アーティストのサウンドプロデュースを手掛けるトオミヨウ氏が参加。
ストリングスの映える美しく壮大なアレンジとなっている。
今までラブソング一筋に歌い続けてきたMACOが大切に歌い上げたカバー曲「3月9日」は必聴です!

また今回「3月9日」の配信では、アコースティックのピアノバージョン「3月9日 (Piano Ver.)」もあわせてリリースされている。
さらにリリースにあわせ、オリジナルミュージックビデオのショートバージョンも公開され、
誰にでもあった学生時代・学生生活を、まさに懐かしむ懐古するようなMACOの姿が印象的なMVも必見!

≪MACOコメント≫
こんな日本の名曲を自分がカバーする時がくるなんて、レミオロメンの「3月9日」を聴いていた中学生の頃の自分に教えてあげたいです。
AbemaTVオリジナルドラマ「僕だけが17歳の世界で」のもう一曲の挿入歌になっている「桜の木の下」と同時進行で制作していましたが、
自分の作った曲に比べて、たくさんの方に愛されている楽曲のカバーを歌うのは凄く緊張しました。
この楽曲には瞼の裏で大切な人を想う、凛として春のようなあたたかな力を感じていたので、気持ちを込めて歌いました。
普段なら卒業シーズンのこの時期、コロナの影響で休校になったり中には卒業式が無くなってしまった学校もあるようで、知った時はとてもやるせなく悲しかったです。
自分の大事な仲間や友達、恋人、そして家族への想いを馳せながら、ぜひこの「3月9日」を聴いてくれたら嬉しいです。





■MACO『3月9日』
LINE MUSIC、Apple music、Spotify、AWA、iTunes Storeなどで配信中!

https://lnk.to/sangatsukokonokaAW

RELATED RELEASES
MACO 「桜の木の下」
2020.03.27 Release
DIGITAL
MACO 「3月9日」
2020.03.06 Release
DIGITAL
MACO 「恋蛍」
2020.02.14 Release
DIGITAL
MACO 「タイムリミット」
2019.08.28 Release
DIGITAL
MACO 「交換日記」
2018.12.05 Release
¥3,024 (tax incl.)
SELL DIGITAL
MACO 「BEST LOVE MACO」
2018.06.20 Release
¥2,500 (tax out)
SELL DIGITAL
V.A. 「QUALITY」
2018.04.20 Release
¥1,500 (tax incl.)
DIGITAL
MACO vs. MATZ 「PEEKABOO Remix」
2018.01.24 Release
¥250 (tax incl.)
DIGITAL
RELATED ARTIST : MACO