NEWS

MATZ 約1年ぶりとなるオリジナル楽曲『I Don’t Care feat. THE BACKCOURT』本日配信開始!
UPDATE:2018.09.14
20180903_idontcare_typo04
MATZのこれからの心情を乗せた楽曲がリリースされる。
昨年の7月にリリースしたデビューEP『Composite』に収録されている「I See You (Feat. Ruby Prophet)」がiTunesダンスチャートで2位を獲得し、2017年9月には10代としては過去に4人しか出演していない世界的ダンスミュージックイベントULTRA JAPANへの出演果たした。その後日本人として初めてイギリスのEDMレーベル、Enhanced Musicからのリミックス曲をリリースし、日本国内でも「MACO」、「和田アキ子」、「倖田來未」など日本を代表するアーティストのRemix制作も手がけてきたMATZが2018年初となるオリジナル楽曲『I Don’t Care feat. THE BACKCOURT』が本日発売。
この楽曲はMATZのいままでとこれからが表現されている。突き進む様子を伝えるシンセの音色、メロディックなサウンドと共にファンクなビートを重ね、爽快感のある夏の終わりにぴったりなエレクトロポップな作品に仕上がっている。

■MATZコメント
「今回約一年ぶりのオリジナルを出せる事になりとても嬉しいです。
今までの一年間東京に拠点を移した中で感じてきた事や今感じている事、考えている事、今後への姿勢をシンプルなサウンド、リリックでストレートに表せた曲でとても気に入っています。是非聞いてください!」 

今作のフィーチャリングには 「CRAZYBOY」, 「SWAY」, 「赤西仁」などを手がけるプロデューサーデュオの「THE BACKCOURT」を迎え入れ、アートワークには Instagramでも話題の 矢向氏 を起用し壮大な世界観を表現し、これからのMATZの心情を楽曲に入れ込むとともに、「DJ」、「EDM」という枠を飛び越えアーティストMATZとして歩む第一歩目の作品になっている。
 昨年、北海道から東京に拠点を移し、様々な事を経験し楽曲制作に集中して来たMATZ。約1年ぶりとなるオリジナルのリリースはMATZの今後の決意表明とも言える楽曲になっている。是非お聴き逃しなく!