ARTISTS
Matt Beilis

Matt Beilisマットベイリスはニューヨークに生まれ、大学時代にピアノショップなどでライブを行い若手アーティストのようにYouTubeチャンネルを立ち上げ、数々の有名アーティストのカヴァー曲を披露し、話題となり、ファンたちを獲得する中、ファンだけでは止まらず本物のキャリアー、ブッキングエージェント、アメリカ国内の大学ツアー、40のラジオ曲でのプレイや著名なニューヨークの会場でのライブまでも行った。
また、B.o.Bの”Airplanes”のコーラス部分を書いたKinetics & One Loveなどプロのライターとの制作も開始する。マットの歌手、ライター、パフォーマーとしての幅広いアピールは、ダディー・ヤンキーやスモーキー・ロビンソン、さらには伝説的ヒップホップグループWu-tang Clan(ウータン・クラン)の一員でもあるインスペクタ・デックのミックステープのクレジットに載るなど功をなし、今までにマットの音楽はMTVやジープ、ホンダ、スカイプなど、多くのTVスポットとして使用された。彼が作る楽曲は彼のシンガーソングライターとしての一面とエレクトロなビーツ、そして弾けるようなポップなサビをすべて含んでいる。

DISOGRAPHY
Matt Beilis 「The Truth」
2016.06.10 Release
¥900 (tax incl.)
DIGITAL

TO PAGE TOP